人と話すのが苦手な人は写真をやるといいよ

皆さんは、人と話すのが得意ですか?苦手ですか?

「業務上のことは話せるが、雑談が苦痛」という人もいれば、
「人見知りする」という理由の人まで様々。

そんな人に言いたい。

「写真やりなよ。人と話せるようになるよ!」

わたしは事務的なことは話せるのだが、雑談が嫌いだった。

中高、大学でも、雑談していても話に入らないようにしていた。
「雑談に加わらないなんておかしい」という理由で、内定を取り消されたこともある。

写真を始めてもうすぐ3年。
昔よりは、人と話すのが苦ではなくなった。
「誰とでもすぐに仲良くなれます」というわけではないが、人見知りすることはなくなった。

今日もカシオペアの撮影の帰りに、同じ場所に居合わせた人と一緒になった。
北斗星が東南アジアを走っていること、北海道の写真界の話題になったよ。

写真を介して話がしやすくなる

写真撮影している人は写真の話しかしません。
「写真を何年撮っていますか?」「どんなものを撮るの?」といった内容です。
写真を撮りやすい場所や、画になる時間帯などを教えてくれることもあります。
鉄道写真なら、列車の運行状況を教えてくれる場合もあります。
これは嬉しい。

決して「恋人はいるの?」など、プライベートなことは訊かないのでご安心を。

執拗に話しかける人もいないです。
人との会話よりも、撮影の方が大事ですからね。
「話すのが苦手」と伝えれば、すっと引きます。

写真はコミュニケーションの潤滑油にもなりますよ〜。

・道景マガジンを無料で送付します。申し込みフォーム

・プロフィール写真撮影を承っております。詳細はこちら

・ツイッター:https://twitter.com/doukei_photo

・フェイスブック:https://www.facebook.com/kasumi.koba.3