[RAW現像] RAW現像の概要

RAW現像って何?

RAW現像とは、RAWデータを編集すること。
明るさや色を調整したり、トリミングして見せたい部分を強調したりと、写真を編集することを言います。

「JPEG画像の編集だけでいいじゃん」と思った方。
実は、JPEGデータは編集を繰り返すと劣化します。
元の品質に戻そうとしても、戻せません。

RAWデータなら、何度編集しても劣化しません。
編集してJPEGデータに書き出せば、元の画像は劣化せず、何度でも使うことができます。

RAWデータとJPEGデータの違いはなんですか?

RAWデータは、そのままウェブサイトに掲載したり、紙媒体のデザインにはつかえません。

というのも、RAWは生データなので、JPEGなどの形式にしないと、ウェブサイトや紙媒体には載せられないのです。

名刺やセルフマガジンを作ったことがある人はご存知だと思いますが、写真はJPEGやpsdにしないと印刷データにも変換できないのですよ。

RAW現像でできること、できないこと

RAW現像は写真を編集することです。
ですが、なんでもできるというわけではありません。
できることとできないことをまとめました。

できること

・ホワイトバランスの調整

・ピクチャースタイルの調整

・明暗の調整

・トリミング

・傾き補正

できないこと

・ブレた写真のピントを合わせる

・被写体深度(ピントの合わせ具合)の調整

・背景をぼかしたりシャープにする

RAW現像ではできないことはPhotoshopを使えば解決する場合もありますが、作業をスムーズに行うためには、撮影の時にしっかりピントを合わせたり、ぼかしたりしておくのが良いです。

RAW現像ソフトって何を使うの?

RAW現像するなら、それ専用のソフトを使う必要があります。

大きく分けて、AdobeのLightroomと、各カメラメーカーが提供しているソフトとがあります。

・Canon DPP4

・Nikon Capture-ND

・ソニー

・オリンパス

・リコー

・シグマ

カメラメーカーが提供しているものには、無料で使えるものもあります。

注意点は、ソフトによってはRAWデータが開けないこと。
CanonのRAW現像ソフトでニコンのRAWデータが開ける保証がないのです。

わたしはCanonのRAW現像ソフトを使っていますが、なぜか Canonのカメラで撮影したデータをひらけなかったことがあります。

カメラのメーカーを問わずにデータを開けるのは、Adobe Lightroomです。
月々¥980ですが、RAW現像を頻繁に行うなら、導入して損はないです。

以上がRAW現像の概要です。

次回からは「これさえ覚えれば困らないRAW現像の方法」です。

・道景マガジン3『初心者でもすぐに一眼レフカメラが使えるようになる10の基礎知識』
申し込みフォーム

・ブログや名刺に使えるプロフィール写真撮影いたします。詳細はこちら

・イベントやセミナーの様子を撮影。全データ提供。詳細はこちら

・自宅で一眼レフカメラをマスターしよう!オンラインカメラ講座

・2時間で一眼レフカメラの使い方をマスターできる講座・詳細はこちら

・ツイッター:https://twitter.com/doukei_photo

・フェイスブック:https://www.facebook.com/kasumi.koba.3

・かさこ塾フェスタin福岡に出店します。http://festa.kasako.jp/2017fukuoka/